ミュゼのミルクローションについて

ミュゼの脱毛では、仕上げとしてミルクローションを使ったスキンケアが行われます。このミルクローションには、どのような美容効果があるのでしょうか?

ミルクローションの主な成分

ミュゼのミルクローションには、プラセンタエキスとグリチルリチン酸ジカリウムとが配合されています。プラセンタエキスとは、動物の胎盤から抽出される栄養分で、これには細胞を活性化させる力があります。ミュゼの脱毛では光が使われるので、デリケートな肌をしている人の場合、その影響で施術後に荒れやすくなることがあります。

しかしプラセンタエキスによって細胞の活力がアップすれば、肌荒れのリスクは低下するのです。そしてグリチルリチン酸ジカリウムは、カンゾウという植物から抽出された成分です。抗炎症作用があるので、ミルクローションを塗ると、熱の影響による炎症が防がれやすくなります。つまりミルクローションは、施術から肌を守るために使われているわけです。

その他に期待できる効果

またミルクローションには、水溶性コラーゲンやヒアルロン酸ナトリウム、セラミドといった、コスメではおなじみの保湿成分もたっぷりと配合されています。さらにコメヌカ油や海藻エキス、ダイズエキスといった植物由来の保湿成分も含まれているのです。

これらが与えられることで、肌はしっとりと潤いますし、ハリもアップしやすくなります。肌質が向上するということですから、ミュゼでの次の施術の際に、熱によるダメージを受けにくくなります。つまり肌を美しくしつつ、次の施術の安全性を高めるためにも、ミルクローションは役立っているということです。しかもミルクローションは、ミュゼの会員になると購入できます。そのため普段のスキンケアでも、これを使っている人は多くいます。